その他

PS4とPS3の違いを徹底調査。PS4の性能と実装された新機能は?

更新日:

 
 
 

PS4とPS3の大きな違いを徹底調査。
PS3にはないけどPS4に実装された機能や遊び方は?
違いがわかればPS4の凄さもわかります。

 
 
 
PS4が発売されて数年経ちましたが、今でもPS3の人気は根強いものです。PS3のソフトもまだまだ発売されていますね。

しかしハードの売れ筋で人気なのはやはり新機種の PS4 です。

今回はPS4本体と PS3 との違いについて解説していきます。違いの中でも ゲームプレイヤーにとってとくに重要となりそうな違い をメインに紹介していきます。

 
 

結論から!PS4の重要な違い・大きく勝る点

細かい点も含めると違うところはかなり多くありますが、PS4をプレイする上で影響してくるような大きな違いはあまり多くはありません。
 
 
PS3とPS4が並んでいます。
 
 
率直に結論から。PS4とPS3の重要な違い・大きく勝る点は次の通りです。
 
 


    ● PS4はメモリが16倍!データ処理が早くてサクサク!
    ● オンラインプレイもPS4がスムーズ
    ● PS4ならシェアプレイが可能
    ● VR(バーチャルリアリティ)ゲームができる
    ● PS VITAなどでリモートプレイ(遠隔操作)できる

 
 
詳しくはここから解説していきます。
 
 



 

PS4はメモリが16倍!データ処理が早くてサクサク!

PS4ではPS3に比べてメモリが16倍になり、データ処理速度が速くなってデータの大きなゲームでもサクサク楽しむことができます。

メモリ といわれてメモリがどんなものなのかわからないという人もいるかもしれませんね。

間違われやすいのはメモリとメモリーです。

メモリーはデータなどを保存するためのもの、つまりメモリーカード・SDカードのようなものです。

メモリとは作業するためのスペースや、作業をするスタッフのようなもの です。

沢山の資料を参考にしながらレポートを書くときに狭いデスクだと作業効率は非常に悪いですよね。PS4では作業するテーブルがとても広くなり、作業がスムーズになったのです。

もしくはトラックいっぱいの荷物を運び出すのに1人で作業をするのと16人で作業をするのでは作業効率は大きく違いますね。

PS3は1人で荷物を運び出さないといけないのに対して、PS4では16人で荷物を運び出すのでとってもスピーディーです。

そのためデータ処理がスムーズで大容量のゲームであってもサクサク楽しむことができます。これがメモリというものです。

メモリは少ないより多いほうが良い というのは鉄則です。

作業効率が16倍にもなったPS4だからとってもサクサク遊べるのです。
 
 

オンラインプレイもPS4がスムーズに?

PS4のゲームのオンラインの場面が表示されています。
PS4は基本的な性能が全体的にPS3よりも向上しているため、オンラインプレイもPS4のほうがスムーズになっています。

しかし性能が向上した分、ゲームのデータも大きくなり処理するデータ量も多くなりました。そのため一概にPS4のほうがオンラインプレイがスムーズにできるとは言い切れません。

ただし、PS4はオンラインゲームをするのに月額で料金が発生するものがほとんどです。

メーカー側は有料となったぶんオンライン環境にもお金をかけることもできるようになるため、オンラインプレイもよりスムーズに行えるのではないかと予測できます。
 
 

PS4ならシェアプレイが可能

PS4では1つのゲームソフトがあればオンラインでゲームをシェアしてプレイすることが可能になりました。

これはゲームソフトを持っている側(ホスト)からシェアプレイを提供することができます。

ゲームに呼ばれる側(ビジター)はゲームソフトを持っていなくても一緒にプレイすることができるものです。

良く勘違いされるのはシェアプレイ=協力プレイ と決めつけられていることです。

シェアプレイは対戦や協力プレイも可能ですが、 自分がクリアできない部分を誰かにプレイしてもらう といったものも多くあります。

すべてのシェアプレイが協力プレイや対戦だと考えていると残念なことになるので、シェアプレイ目的で購入する場合はどんなプレイができるかをチェックしましょう。
 
 

VR(バーチャルリアリティ)ゲームができる

バーチャルリアリティ。少年がVRゴーグルをつけて銃のコントローラーを構えています。
VR(バーチャルリアリティ)ゲームができるのもPS3とは大きく異なる点です。

PS4本体以外に 別売りのPSVR本体とPlayStation Cameraが必要です。もちろんVR対応のゲームソフトも必要 となります。

VR(バーチャルリアリティ)とは下のゴーグルのようなものを装着することで、装着者が横を向けばその方向の風景などが見れ、もちろん上を見れば上の様子が見えます。

ゲームでいえば、360°すべてがゲーム画面になるのです。

3Dの空間が視覚に出現し、圧倒的な臨場感によりゲームの世界に本当に入り込んだかのような実在感をもたらすものです。
 
 


 
 

PS VITAなどでリモートプレイ(遠隔操作)できる

リモートプレイとはPS4を離れた場所から操作できる機能で、例えば外出先からPS VitaなどでPS4をリモートプレイ(遠隔操作)できるのです。

PS4を遠隔操作できる端末はPS Vitaだけではなく、パソコンからも可能です。

具体的に遠隔操作できる内容は以下のものがあります。
 
 

    ● ほぼすべてのゲームがリモートプレイに対応している
    ● 設定
    ● ミュージック
    ● フォト
    ● ビデオ視聴
    ● ネットワーク
    ● ゲームアーカイブス
    ● トルネ(torne)との連携・予約録画等

でも実は、PS3でも遠隔操作ができていたことを後からになって知りました(;^_^A
 
 



 

小さな?違いも。その他のPS4が勝る点や違い

ゲームをする点においてPS4の重要な特徴・変化はこれまで解説してきたとおりですが、これ以外にもたくさんの変更点・改善点があります。

どのようなものがあるのか、一応紹介しておきます。
 
 

グラフィックが圧倒的に美しく!?

PS4が発売されてそのグラフィックが圧倒的に美しいと話題になっています。

PS4は4Kテレビにも対応している機種があり、そういった点でもPS3のグラフィックに比べると美しくなったのは分かります。

これまでも新機種が出るたびにグラフィックが大きく改善されてきたことからも徒然と言えるレベルでしょう。

数字でいうと非公式ですが PS4は1,080P・60fps PS3では720p・30~60fps という情報があります。

これが凄いのかどうかが私にはわかりませんが、 画面を見るだけではあまり大きな差はない といった印象です。

「なぜ違いが判らないんだ!」 という人もいますが、 「大きな違いはない」 という意見も多くあります。

実際にグラフィックを比べた動画があるので気になる人は下の動画をチェックしてみましょう。
 
 


 
 
動画ではPS3の画像なのかPS4の画像なのかが書いてありましたが、個人的にはこれが書かれていなければどっちがどっちなのかわからない・むしろ「どうでもいい」と感じてしまいました。

大切なのはゲームのグラフィックよりも内容だと思うので、グラフィックが圧倒的に美しくなったと言われてもあまり重要な点ではないですし、大きな違いはないと言えるのではないでしょうか。
 
 

PS4のほうがわずかに消費電力が少ない

PS4のほうがわずかに消費電力が少ないという記事がありました。

これはどの機種を比べるかにもよりますが、初期型同士で比べるとPS4は250wでPS3は380wなので、PS4のほうが消費電力は少ないです。

しかしそれぞれの最新機種を比べてみるとPS3の4000シリーズでは約190wで、PS4のProシリーズでは310wです。この2つで比べるならPS3のほうが消費電力が少ないですね。

ちなみにPS4の2000(スリム型)の消費電力は165wなのでPS3最新機種よりも消費電力は少ないです。

このように 比べる機種により消費電力の優劣はつけにくい というのが個人的な本音ですが、PS4のほうが消費電力が少ないという方も多いのです。
 
 

スペック・性能はPS4が当然高い

まずは下記表をご覧ください。
 

製品名 プレステ3® プレステ4®
  CPU Cell Broadband Engine™ Single-chip custom processor
CPU : x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores
GPU : 1.84 TFLOPS, AMD next-generation Radeon™ based graphics engine
  GPU RSX®
 メモリ 256MB Main Memory , 256MB Graphics Memory GDDR5 8GB
  HDD CECH-4200B : HDD 250GB
CECH-4200C : HDD 500GB
CECH-4300C : HDD 500GB
CUH-1000A/CUH-1100A/CUH-1200A : 500GB
CUH-1200B : 1TB
外形寸法(mm) 約 幅290×高60×奥行230 約 幅275×高さ53×奥行き305
  質量 約 2.1kg CUH-1000A/CUH-1100A : 約 2.8kg
CUH-1200A/CUH-1200B : 約 2.5kg
光学ドライブ(読み出し) BD 2倍速(BD-ROM)
DVD 8 倍速(DVD-ROM)
CD 24 倍速(CD-ROM)
BD 6 倍速 CAV
DVD 8倍速 CAV
 入出力 Hi-Speed USB(USB 2.0 準拠) × 2 Super-Speed USB(USB 3.0)ポート × 2
AUXポート×1
  通信 Ethernet(10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)× 1
IEEE 802.11 b/g
Bluetooth® 2.0(EDR)
Ethernet(10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
IEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth® 2.1(EDR)
 AV出力 HDMI 出力端子× 1
AVマルチ出力端子× 1
光デジタル出力端子× 1
HDMI 出力端子
光デジタル出力端子

 
 
表にしても分かりにくい・なんとも評価できないという方もいると思います。

CPUもGPUもPS3のものに比べて、PS4では新たに出た性能の良いものを使用していますし、ハードディスク(HDD)もPS3は500GBが最高に対して PS4では1TB があります。

それ以外にも ブルーレイやDVDの読み込み速度もPS4のほうが早い ですね。

当然ではありますが、PS3よりもPS4のほうが全体的にハイスペックとなっています。
 
 

PS4のコントローラーが進化した!

PS4のコントローラーでは新たなボタンが追加されており、PS4のコントローラーが進化しているのは明らかです。

PS3にはない、次のような機能が搭載されました。
 
 

    ● STARTボタンとSELECTボタンが統合してOPTIONボタンに
    ● SHARE(シェア)ボタンの追加
    ● スピーカーの追加
    ● ヘッドホン・イヤホンマイク端子の実装
    ● タッチバッドの追加
    ● LEDライトの追加


 
 
それぞれがどんなものなのかを見てみましょう。
 
 

OPTIONSボタンが登場

これまではSTARTボタンとSELECTボタンがコントローラーにありましたが、PS4のコントローラーではSTARTとSELECTが統合されて OPTIONSボタン となりました。
 
 

 
 
これによってコントローラーのサイズを大きくせずに、次に解説するSHAREボタンが設置できたのかもしれません。

OPTIONSボタンの使い方はゲームや状況によって異なりますが、基本的にはゲーム中にオプションメニューを開くなど、状況に応じて操作できる項目が表示されます。
 
 

SHARE(シェア)ボタンの追加と使い方

PS4ではシェアプレイができることやを前述しましたが、自分のゲーム中のスクリーンショットや動画を録画してSNSなどに投稿することもできます。
 
 
PS4のリモートコントローラーのSHAREボタンの位置を表示しています。
 
 
PS4のコントローラーでは SHAREボタン が追加され、このSHAREボタンを押すだけで画像や動画の撮影から、シェアプレイまで楽しむことができます。

難しい操作なし・ボタンを押すだけでこのような機能が楽しめるのはありがたいですね。
 
 

初期設定でのSHAREボタン操作方法

 

1回押す

シェアメニューを表示します
すぐにシェアしたいときには 「ビデオクリップ」か「スクリーンショット」 を選ぶと、同時にビデオクリップまたはスクリーンショットが保存されます。
保存だけしたい場合は、 「ビデオクリップを保存する」または「スクリーンショットを保存する」 を選択します。

長押し

スクリーンショットを撮影します
長押しするとスクリーンショットが撮影でき、画面左上に撮影完了のサインが表示されます。
メニューを表示することなくスクリーンショットを撮影したいときに長押しをします。

2回押す

ビデオクリップの作成を開始・終了します
またはゲームプレイの記録を開始・終了します。
撮影・保存したいシーンや場面があらかじめ決まっているときに使用します。

SHAREボタンの動作は設定→シェアとブロードキャスト→SHAREボタン操作のタイプを変更することができます。

 
 

コントローラーにスピーカーの追加

PS4でようやくコントローラーにスピーカーが追加されました。他のゲーム機ではコントローラーに以前からスピーカーがついていましたが、ついにPS4でもスピーカーが実装されました。
 
 
PS4のコントローラーがあります。コントローラーの中央部分にはスピーカーが内蔵されています。その画像。
 
 
コントローラーからのスピーカーからは全てのサウンド・効果音が出るわけではなく、ゲームやコンテンツなどであらかじめ設定・決められているものだけが出力されます。

全ての音をコントローラーから出したいという人もいるかもしれませんが、今のところその機能は実装されていません。
 
 

ヘッドホン・イヤホンマイク端子の実装

PS4のコントローラー中央の下部にイヤホン・マイク(スピーカー・ヘッドホン)の端子を接続できるようになりました。
 
 
PS4のコントローラー中央の下部にはイヤホン・マイクの端子があります。
 
 
これにより、より確実にボイスチャットなどを鮮明に聞き取ることができ、こちらの声もより確実に相手に届くようになります。

オンラインゲームで協力プレイで作戦を立てたり、行動計画を話し合うときにより便利なものになりそうです。
 
 

タッチパッドの追加

PS4にもついに実装されたタッチパッドの追加です。とはいえ、まだタッチパッドが かなり有効活用する場面がある というようなゲームはほとんどないようです。
 
 
PS4コントローラーの中央、正面部分にはタッチパッドが搭載されています。
 
 
今後もPS4はシステムウェアバーションアップが繰り返されていくと思いますし、新たなゲームも出てくることでしょう。

その中で活用する場面も多くなってくるのではと思います。
 
 

LEDライト(ライトバー)の追加

このLIDライトはそれぞれのコントローラーの1Pや2Pを示すだけではありません。

ゲームによっては操作する キャラの体力などをライトバーの光で表現 したり、複数のプレイヤーでゲームをするときには操作するキャラをライトバーの色で認識することもあります。

遊ぶソフトなどによって使われ方は異なるので、ライトバーの意味については説明書を参考にするようにしましょう。

 
 

現時点ではPS3の方が優れている点も

さて、これまでPS4とPS3ではPS4のほうが優れている点ばかりを紹介してきました。しかし、現時点ではPS3のほうが優れている点もいくつかあります。
 
 

PS3ならPS1とPS2のソフトもプレイできる

PS4ではPS1~3のディスクをプレイすることができません。

その点PS3であれば機種によってはPS1・2・3のディスクが遊べるものもあるので昔のゲームも楽しみたい人にはPS3のほうが魅力があるかもしれません。

PS4でもダウンロードなどで以前のゲームをプレイすることができますが、すでに持っているディスクがプレイできないというのは残念ですね。
 
 

PS4はオンラインが有料。PS3は無料

PS3ではオンラインゲームは基本無料で楽しむことができましたが、PS4からは有料となってしまいました。

これまで無料だったのが有料になるのは痛いことですが、有料になることでオンラインの質の向上やダウンロードコンテンツなどの質が向上することが考えられます。

料金が発生してオンラインの収益が上がればその収益で様々なサービスを受けることがこれからもできることでしょう。
 
 

PS3はCDも再生できる

PS4ではネットにつないで設定をした後からDVDとブルーレイディスクを再生することができますが、CDの再生機能はありません。

PS3ではCDも再生することができていたので、その点ではPS3のほうが優位です。
 
 

おわりに

PS3からPS4に進化することで様々な点で改良されており、今後もまだまだ楽しめそうなPS4です。

ゲームのプレイヤーとしてPS4で新たに実装されたものでうれしいものは多くありますが、進化したからと言ってすべての点でPS4が優れているというわけではないようですね。

今後もアップデートや新しいソフトなどが出てくることだと思いますが、今PS3を持っている人は売らずにそのまま持っていてもまだまだ楽しめそうです。

ソフバ光

-その他

Copyright© play station 情報メディア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。