周辺機器

PS4モーションコントローラーの種類と使い方。気になるクチコミも紹介。モーションコントローラーが必須のゲームやおすすめのゲームも。

更新日:

 
 
 

PS4専用のMOVEモーションコントローラーの特徴や使い方。
MOVEモーションコントローラーが必須となるゲームもあります。
モーションコントローラーのクチコミまで紹介します。

 
 
 

PS4には専用のMOVEモーションコントローラーというものがあります。

これは片手、もしくは両手に1本ずつ持って利用するスティック型のコントローラーです。

MOVEモーションコントローラーの動きをセンサーでキャッチしてこちらの操作を読み取ってくれるため、デュアルショック4(普通のコントローラー)を利用するよりもより直感的な操作ができるものです。

今回はこのPS4のMOVEモーションコントローラーの特徴や使い方など基本的な情報はもちろん、実際に使った方のクチコミなどまで網羅しています。

MOVEモーションコントローラーの購入を検討されている方はぜひ一読してみてください。
 



 

MOVEモーションコントローラーはプレイヤーの手の動きを精確に認識するコントローラー

MOVEモーションコントローラーは、プレイステーションCameraとの組み合わせによって、プレイヤーの手の動きを精確に認識するコントローラーです。
 

 

PSMove対応のPSVRゲームをプレイする際に使うことでより直感的な操作ができます。

主にVRゲームで使用しますが、把持したモーションコントローラーを剣など武器のように操作したりロボットを操縦するようなイメージで操作します。

どんな操作の感じなのか、少しでも参考になるようにYOUTUBEから動画を引っ張ってきました。お時間のある方は初めの数分だけでも見てみてください。
 


 
動画スタート時から数秒だけでも何となく「こういうものか」というイメージはできたのではないでしょうか。
 
 

モーションコントローラーの同梱品・セット内容はストラップだけ

モーションコントローラーを購入した時に、セットで付属しているものは、コントローラーを落とさないために使うストラップのみとなっています。
 

 
剣を振ったりラケットを操作するような動きが必要となるので、やはり手から滑って投げ飛ばしてしまわないようにしないといけませんね。

とくに熱くなってしまいそうなゲームの場合はストラップは必ず装着したいです。
 
 

Playstation Moveモーションコントローラーの希望小売価格や仕様、基本情報を紹介

Playstation Move モーションコントローラーは、希望小売価格【税抜4,980円】で販売されています。
 
モーションコントローラーの仕様です
 
大きさは、約 200mm × 46mm (高さ × 直径)で、重さは約145gです。

電池は、内蔵型リチウムイオン充電池を使用し、接続はUSB(Micro B)となっています。
 
 

MOVEモーションコントローラーの種類は新旧と色の違いだけ。今のところSONYの純正品のみ

コントローラーは社外品の流通が多くなっていますが、2019年になってもモーションコントローラーは他メーカーのものは販売されおらず、SONYの純正品のみとなっています。

Moveモーションコントローラーの種類は、新モデルと旧モデルの2種類で、ライト点灯時は赤青ピンクの3色があります。

注意したい点があります。
それはPS3で使用していたモーションコントローラーはPS4で利用できますが、PS4用のモーションコントローラーはPS3では使えないという点です。

 



 
 

MOVEモーションコントローラーは店舗・ショップ・通販で購入・入手できるが品薄状態

Moveモーションコントローラーの入手方法は、店舗販売や通販などでできますが、現状品薄状態が続いています。
 
対応ソフト販売時にはモーションコントローラー同梱版などが販売されることがあるので、どうしてもそのソフトをMOVEモーションコントローラーで遊びたい場合は同梱版を購入するのも手段のひとつですね。
 
 



 

内蔵型リチウムイオン充電池、バッテリー新品満タンで連続10~12時間プレイ。充電方法はPS4付属のケーブル接続を

コントローラーの連続使用時間は、充電満タンの状態で10~12時間プレイできます。そんなに長時間ゲームを続けることはないと思いますが、ゲームの最中にバッテリーが切れないようにだけは注意したいですね(^^♪

充電には、PS4付属のケーブルを接続して行います。取扱説明書の絵を参考にしてみると、下の画像の〇部分に充電などを行う端子があります。
 
モーションコントローラーを充電する端子がコントローラー最下部にあります。
 
充電は直接ケーブルを挿すのもいいですが、もっと単純に、台座に置くだけで充電ができるものもあります。
 

 
こういったものだとMOVEモーションコントローラーだけではなく、コントローラーも充電できますしPS4本体のスタンドとしても使用できます。

便利というだけではなく見た目もスマートですし、簡単に充電と収納が両立できるのでお勧めです。
 
 
 



 

MOVEモーションコントローラーは1本でも可。ソフトによっては2本必要になることも

Moveモーションコントローラーは、1本でもプレイ可能ですが、ソフトによっては2本必要なこともありますので、購入前にやろうと思っているソフトを確認してください。

モーションコントローラーは1個あたりの金額もそこそこするので、2本そろえるとなるとちょっと負担が大きくなります。
とはいえやはりモーションコントローラーで遊びたいのであれば、やはり必要本数は揃えたいですね(;^_^A
 
 

2017年モデル【CECH-ZCM2J】と旧モデル【CECH-ZCM1J】を間違えないように。2つには違いがある

モーションコントローラーは名前は違いますが、PS3の時から同様のものが販売されていました。

PS3用のモーションコントローラーもPS4で使用できるので、すでにPS3のモーションコントローラーを持っているのであればわざわざ購入する必要もないかもしれません。

現在ではPS3のものが新品で販売されていることはほとんどないと思いますが、PS4で楽しむならどうせならより新しいPS4専用のものを使用したいですね。

中古品はバッテリー寿命が縮まていることもあるので、できれば新品の購入をおすすめします。見た目ではちょっとわかりにくいので、型番でチェックするか、店員に確認してみましょう。

型番を紹介しておきます。
 
 

旧モデル【CECH-ZCM1J】はPS3時代からある旧式タイプ

旧モデルの【CECH-ZCM1J】はPS3時代に販売された旧式タイプで、こちらでもPS4をプレイすることは可能です。
 
 

2017年モデル【CECH-ZCM2J】はPS4専用モーションコントローラー

新モデルの【CECH-ZCM2J】は、2017年に販売されたコントローラーで、PS4専用です。

見た目が旧作とほとんど同じなので間違えないようにしましょう。
 



 

MOVEモーションコントローラーの各部の名称と役割を紹介

モーションコントローラーの丸い部分はスフィア

モーションコントローラーの先っぽにある丸い部分はスフィアという名称がついています。
 
モーションコントローラーの先端には球体がありそこから自身の動きの信号を受信機へ発信します。
 
自身の位置情報やボタンの操作などはこのスフィアから発信され、PSカメラを通じて本体へ送信されます。
 
 

PS4コントローラー同様に□・△・×・○ボタンがあります

コントローラー中心部分には、プレイステーションのコントローラーと同様に、□・△・×・〇のボタンがあります。
 

 
基本的な動きは腕・モーションコントローラーの位置などで操作しますが、アイテムを使用したりメニューを開くなどの操作はこれら、またはその他のボタンを操作することになりそうです。
 
 

中央にMOVEボタンがあります。

コントローラー中央部にはMOVEボタンがあり、ゲームに応じて使用します。

使用しないこともあるかもしれませんが、操作内容に関してはそれぞれのゲームソフトの取扱説明書などを参考にしましょう。
 
 

少し下にPSボタンがあります。

MOVEボタンの下には、PSボタンがあり、これを押すことによってモーションコントローラーをPS4に感知させます。

最初だけはPS4に認識させる作業があるので忘れずに行いましょう。
 
 

モーションコントローラー右横にOPTIONS/STARTボタンがあります

上記の画像をみるとわかりますが、モーションコントローターの右横にはOPTIONS/STARTボタンがありますが、これは通常のコントローラーと同様の役割です。

必要時には簡単に押せる位置に設置されていますが、誤って押しそうな位置でもありますね。
 
 

モーションコントローラー左側にSHARE/SELECTボタンがあります

モーションコントローラーの左側にはSHARE/SELECTボタンがありますが、これも通常のコントローラーと同様の役割です。

ゲーム画面のスクリーンショットやSNSへの投稿の際にはこのボタンから操作を始めましょう。

SHARE/SELECTやOPTIONS/STARTの基本的な使い方などは下記の記事のコントローラーの内容で紹介しています。
 
PS4とPS3の違いを徹底調査。PS4の性能と実装された新機能は?
 

モーションコントローラー背面にTボタンがあります

モーションコントローラーの背面には、Tボタンがあり、押しながらコントローラーを動かすと画面上の操作が可能になります。

モーションコントローラー最下部・底面には充電用のポートがあります

モーションコントローラーの最下部・底面には充電用のポートがあり、この部分と充電器を接続することで、充電ができます。

 
 

MOVEモーションコントローラーと通常のコントローラー両方使えるゲームも

ソフトによって、MOVEモーションコントローラーと通常のコントローラーどちらともを使うことができるゲームがあります。

気分やゲームの内容に応じて、使い分けることができます。

モーションコントローラーで直感的に遊びたいというのはもちろんですが、細かな操作などに関しては通常のコントローラー、デュアルショック4のほうがやりやすいところがあります。
 
 

MOVEモーションコントローラーが必須。必ず必要になるゲームもあります

中には、MOVEモーションコントローラーが必須になるゲームがあります。必須であるソフトには必ず説明書きやパッケージに明記してあるはずですので、必ずチェックしてみましょう。

こういったソフトをプレイするときには、モーションコントローラーを必ず用意してください。なければ遊ぶことができません。
 
 

PS MOVEコントローラーは【対応】と【専用】の表示を確認すること

前述した部分もありますが、モーションコントローラーでソフトをプレイするときには、【対応】なのか【専用】なのかを、事前に確認する必要があります。

専用ゲームではMOVEモーションコントローラーを準備しましょう。
 
 

MOVEコントローラー【対応】はMOVEコントローラーがなくても遊べます。対応のおすすめゲームも。

ここでは、MOVEモーションコントローラー【対応】のゲームを紹介します。

【対応】と書かれているゲームは、通常のコントローラーでもプレイできます。

対応おすすめゲームその➀ 初音ミク VRフューチャーライブ

人気のボーカロイド・初音ミクのバーチャルライブを楽しむことができます。

Moveコントローラーなしでもプレイできますし、Moveコントローラーが1本だけでもできます。

対応おすすめゲームその➁ アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション

アイドル達のライブをVRによって楽しむことができます。

VRによって臨場感のあるライブを体験できますし、モーションコントローラーをコンサートライトとして振ることができます。

MOVEコントローラー【専用】はMOVEコントローラーが必ず必要になります。専用のゲームも紹介。

【専用】となっているソフトは、MOVEモーションコントローラーがないとプレイできません。

専用ゲームを紹介

専用ゲームおすすめ① Catlateral Damage(にゃんこラテラル・ダメージ)

ネコになって部屋を散らかすというゲームです。

VRモードでプレイするときには、Moveモーションコントローラーがないと、遊ぶことができません。

MOVEモーションコントローラーを、猫の腕に見たてて動かします。

MOVEモーションコントローラーを購入・使用するときの注意点

モーションコントローラーだけではダメ!プレイステーションカメラも必要!

モーションコントローラーを使って、ゲームをするためには、コントローラーの動きを感知する、プレイステーションカメラが必要となりますので、併せて購入してください。

モーションコントローラー使用前にPS4に接続して本体に認識させないと使えません

モーションコントローラーを使うには、PS4に接続することで、このコントローラーを使うことを認識させなければなりません。

モーションコントローラーの設定で振動・バイブのオン・オフの設定も可能

設定によっては、振動やバイブのオン・オフを選ぶことができます。

好みに応じて設定してください。

MOVEモーションコントローラーは新品がおすすめ。中古品は劣化が著しいことも

MOVEモーションコントローラーを購入するのであれば、新品を購入した方がいいでしょう。

中古品の場合、劣化している可能性もあります。

新しい時代のゲームをするのであれば、せっかくなら新品を買いましょう。

PS4コントローラーDUALSHOCK 4もモーションコントローラーのようにトラッキング・使用できます

通常のPS4のコントローラーも、モーションコントローラーのように、動きを取らキングさせて使うことができます。

バッテリーの寿命は縮まる!基本は買い替えだがバッテリー交換という手段も

モーションコントローラーのバッテリーにも寿命があります。

基本的には、コントローラーを買い替えをしますが、交換をしてみるという選択肢もあります。

PS MOVEモーションコントローラーの気になるクチコミを紹介

ネットのクチコミでは、概ね肯定的な評価が多いですが、プレイできるソフトの数が少ないという内容もありました。

今後、対応するソフトが増えていけば、期待通りの活躍をしてくれるでしょう。

 
 

おわりに

今回はPS4のモーションコントローラーの特徴や使い方などの解説をしてきましたが、皆さんの参考になることはできたでしょうか。

1本ずつ販売されているモーションコントローラーですが、2本必要となることもあるようでなかなかそろえるのも大変そうです(;'∀')
とはいえ、それでゲームの操作性がアップしたり没入感が深まることは期待できそうな印象です。

ボタン配置や使用方法は解説してきたとおりですが、これからもVRゲームなどで使用できるゲームはまだまだ増えてきそうです。購入できる機会があればぜひ揃えておきたいですね。
 
 

ソフバ光

-周辺機器

Copyright© play station 情報メディア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。