ソフト関連情報

キングダムハーツ メロディ オブ メモリーの特徴と楽しみ方

 
 
『キングダムハーツ』シリーズ初めてのリズムアクションゲームとなる『キングダムハーツ メロディオブ メモリー』がいよいよ発売!

難易度とプレイスタイルは3段階準備され、リズムアクションゲーム初心者から熟達者まで楽しめるようになっている。

楽曲は140曲越えをレコーディング。
カイリを語り部とし、今までのストーリーだけでなく、その先の新しいストーリーも少し綴られていて、シリーズの魅力的な一端に触れられる力作となっている。

今回は、そんな本作の特徴や遊び方を紹介したい。

音楽の力に導かれた記憶の世界。

プレーヤーは、旋律とともにグミシップでさまざまなワールドを訪ねて、“リズム”を収集しながら記憶を回想する。

旋律が織りなす不思議な力が、記憶を紡ぎ出し、記憶はワールドとなり、今までの冒険が蘇る。
 
 

基本情報

 

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 発売日:2020.11.11
  • 価格:6,800円
  • ジャンル:アクション・音楽
  • ハード:switch、PS4

 
 

思い出のワールドで楽曲やムービーを入手

それぞれのワールドに準備された楽曲にトライし、楽曲やストーリームービーを獲得していく“ワールドトリップ”がメインモードとなる本作品。

ステージバリエーションは以下の3つがある。

  • FIELD BATTLE(フィールドバトル)
  • 五線譜のスタッフレーンの上を走りながら、リズムに合わせてエネミーを倒すステージ。

  • MEMORY DIVE (メモリーダイブ)
  • 思い出のムービーにダイブするステージ。
    映像と連動しているかのような没入感を味わえる。

  • BOSS BATTLE (ボスバトル)
  • ボスの撃破を目標にするステージ。
    闇のオーラをまとったターゲットの入力を成功させ、ボスのスペシャルアタックを避けよう。

また難易度を大きく左右するボタン操作も次の3つが用意されている。

  • ベーシックなノーマルスタイル
  • すべてのアクションがたったひとつのボタンでできるワンボタンスタイル
  • 複雑な入力が求められるパフォーマースタイル

これが初心者から熟練者までが楽しめる理由のひとつだ。

ワールドトリップなどで獲得した楽曲は、ミュージックセレクトでさまざまな難易度、ボタン操作でいつでもプレイ可能。
 
 

協力・対戦プレイも

インターネットを介してのオンライン対戦(オフラインでCOMとの対戦も可)ができるバーサスモードや、1台のテレビで友だちと協力プレイができるダブルプレイモードなど、ほかのプレイヤーとも楽しめる。

ニンテンドースイッチであれば最高8人でフィールドバトルをプレイする、フレンドバトルロイヤルも楽しめる。
 
 

ゲストや王様のサポートを受ける

ワールドトリップ序盤では、ソラ、ドナルド、グーフィーの“ORIGINAL"パーティーで楽曲に挑むことになる。

ワールドトリップを進めることで、テラ、アクア、ヴェントゥスの“BBS"パーティーなど、新たなパーティーが解禁されていく。

ディズニーのキャラクターがゲストとして加わったり、アイテムの使用により王様が参加してくれることもある。

ディズニーがテーマのフィールドバトルなどでは、ディズニーキャラクターがゲストメンバーとして参戦。

一度プレイするとゲストメンバーはいなくなるが、何度か楽曲をプレイすると再登場してくれる。
 
 

楽曲やアイテムが合成可能

楽曲を遊ぶと合成素材が入手でき、ポーションといった回復アイテムのほか、MEMORY DIVEの 楽曲、コレクションカードなどを合成することが可能。

合成した楽曲はミュージックセレクトからプレイすることができるようになる。


 
 

ミュージアムで鑑賞も

ミュージアムでは解放した楽曲やストーリームービーを再生したり、集めたコレクションカードを鑑賞できる。

コレクションカードは800枚以上あり、過去作のキーアートなども楽しめる。


 


 
 

 
 

 
 

-ソフト関連情報

© 2021 play station 情報メディア Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。