40点満点プラチナ殿堂入り

40点:メタルギア ソリッドV ファントムペイン:PS4、PS3、Xone

 
 


 
 

メタルギア ソリッドV ファントムペインの基本情報

(2020年11月時点)

  • ハード:PS4、PS3、Xone
  • メーカー:KONAMI
  • 発売日:2015.09.02
  • 価格(税別):8400円
  • ジャンル:アクション / FPS・TPS
  • クロスレビュー(40点中):40
  • (シルバー30~31点、ゴールド32~34点、プラチナ35点以上)

 

メタルギア ソリッドV ファントムペインの内容

2014年3月にリリースされたステルスアクション「メタルギア ソリッドV グラウンド・ゼロズ」の続編。

第1作となる「METAL GEAR」で最後の敵として登場したビッグ・ボス(ネイキッド・スネーク)がメインキャラクターとなり、なぜ彼が悪の道に堕ちてしまったのかというシリーズ最大のミステリーが描かれる。

 


 

⊕ 続きを読む

 
 

ビッグ・ボスは元FOXHOUNDメンバーであり、国境なき軍隊「MSF」や武装組織「ダイヤモンド・ドッグス」、独立武装国家「アウターヘブン」を発足させた知る人ぞ知る傭兵だ。

1984年、9年という昏睡から目覚めたビッグ・ボスは工作員オセロットに誘導され、アフガニスタンへ向かう。

その目的は、以前の相棒カズヒラ・ミラーをソ連軍から独りで救出すること。
それは9年前、彼らのメンバーを惨殺した非政府諜報機関サイファーへの報復へと続く、世界をまたにかける戦いの始まりだった―。

本作品は「自由度の高いリアルな潜入」をコンセプトにしたオープンワールド型ステルスアクションゲーム。

前作「グランドゼロズ」のおよそ200倍の広大なマップ。
時間経過や天気の変化がある大規模なフィールドで、自由に計画を立ててミッションを為し遂げる。

今回は潜入任務をフォローしてくれるバディシステムが備わっており、ゲームに登場するほかのキャラをミッションへ随伴させることが可能。

先に潜入させたり、自分の攻撃をサポートしてくれたりとプレイの幅が広がった。

フィールド上の兵士、動物、車両、兵器、コンテナなどは「メタルギアソリッド ピースウォーカー」と同じくフルトンで集める。

ゲットした報酬で自分の基地であるマザーベースを発展させ、武器やアイテムを作成したり、兵士をミッションへ派遣したりできる。

またオンラインでは、他のプレーヤーがカスタムした前線基地(FOB)に潜入することもできる。

 


 

ゲーム紹介・HPなどはこちら
https://www.konami.com/mg/mgs5/

 

 

レビュー・評価

ファミ通のクロスレビューとユーザーが投稿したレビューを紹介する。
 

ファミ通クロスレビューはこちら

ファミ通クロスレビューは引用禁止のため、ホームページから内容を読んでほしい。

メタルギア ソリッドV ファントムペインのファミ通クロスレビューページ
 ▼▼▼
https://www.famitsu.com/games/t/29546/reviews/

 

Amazonに投稿されたレビュー

ファミ通のクロスレビューの評価では40点満点でプラチナ殿堂入りとなっており、Amazonに投稿されたレビューと評価の分布は以下のようになっている。
 
(2020年11月執筆時点)

 
それでは具体的にどのような口コミがあるのか、☆1~5のレビューをそれぞれ2つずつ紹介する。

ここで紹介したレビュー以外にも多くのレビューが投稿されているので、どのようなレビューがあるのかを自身でレビューを確認してほしい。
 

 

☆1レビュー

  • ゲームとして遊ぶには、無駄に時間がかかったり。ただ隠れるだけ的な、スピード感がなく疲れる。変なギャク的要素も合わない。

    一部SM的な映像があったり、グロくいやらしい。 

    映画として見るには良いと思いますが、ゲームというジャンルでいうなら、最低です。面白みがまったくない。趣味的で時間が無駄だと感じるだけです。

  •  

  • ・まず施設が小さすぎてステルスゲー感がない。やろうと思えば全員遠くからスナイプできてしまう。

    ・で見つかってもオープンなので余裕で逃げ切れる。縛りプレイでましないとシリーズの緊張感は味わえない

    ・移動がマジでだるい。オープンワールドとメタルギアは混ぜてはいけないと思った。イライラが半端ない

    ・どのミッションも似たようなのばかりで飽きる。大きな施設ではなく小さなテントみたいな家ばかりで配置変えたようなのしかない

 

☆2レビュー

  • いやあ酷いねこれは。
    大事なのは、小島監督の名前があるが、彼の作品では無いという重要な事実を知らずに酷評をしてる人達の無責任なレビュー。
    シリーズの醍醐味はストーリー進行にあったのにそれが皆無に等しく、この作品は永遠とトランプゲームをやらされている感じ。

    ルールで遊んでるだけで、とても物足りない。

    詰将棋のように、ただただ攻略を目指す遊びとしてなら、難易度高めな事もあり、それなりに遊べるんです。

    1話毎にスタッフロールを流す、TVのような陳腐な演出を、監督はこのシリーズでやりませんから。

    でもこの作品はメタルギアでは無い。
    全てはコナミの責任で、会社の都合で仕上げ販売した、新規タイトルだ。

  •  

  • これは小島監督が目指した完成形ではないはずです。

    「英雄が悪に堕ちる」というメタルギア史上最も丁寧に描かれなければいけないストーリーがあまりにも杜撰で、尻切れトンボに終わってしまいます。

    こんな半端な作品がシリーズ最後だと思うととても悲しいです。

 

☆3レビュー

  • オフラインで遊びましたがアクションゲームとして楽しめるかについては満足できる作品だと思います。
    しかしストーリーあってのアクションなので何回かプレイしてるうちに作業のような感覚になります。

    やはりストーリーが中途半端に打ち切られたのは大ダメージです。
    ある意味KONAMIの家庭用ゲームソフトの終了にとどめを刺した作品です。

    オープンフィールドですが基本的に山 草原がメインで近代的な建物はマザーベースのみです。
    一応マザーベースでの作戦もありますがすぐに終わる作戦なのですぐに飽きます。

    フィールドに出ても山や森や草原ばかりで所々で敵の見張りが居る程度で物足りなさが凄いです。

    何回もプレイしたくなる作品かと聞かれたらNOです。
    映画ランボー各作品のゲーム版みたいな感じです。

    全体的に暗い話しで重い展開しかないので過去のメタルギアのような兵士にイタズラをして笑いながら遊ぶみたいな気にはなれません。

    一言だけ言えるとしたらKONAMIさん今まで面白くて楽しい作品をありがとうございました。これからは過去の作品で楽しみます。です♪

  •  

  • 皆さんがおっしゃっている通りです。
    1章はとてもグラッフィックとストーリーにワクワクしながら楽しむことが出来ました。

    しかし2章にはいると1章のミッションの難易度を上げたバージョンをメインミッションでやらされる、これがとても面倒ですしなんというか早くストーリーの続きがみたい中で前の話をやらされるテンションが下がる。

    正直ここまでがっかりさせられたゲームは今までにない。

 

☆4レビュー

  • ソリッドスネークの物語であるシリーズ1、2,4に対しオリジナルであるビッグボスの物語である3、pw、そして最終章である本作。

    序章のグラウンドゼロと比べて段違いのボリューム、長く楽しませてもらいました。

    ただし豊富なミッションが用意されてはいますが、場所も作戦内容も似たり寄ったりのものなので人によってはマンネリ化の恐れがあるかも。

    あと本作をクリアして感じた事は、ここまで作ったんだからいっそのことmsx版メタルギアを今の解釈でリメイクしてほしいなと改めて思いました。

  •  

  • 個人的にステルスゲーム最高峰は、今まではスプリンターセル・ブラックリストだったのですが、今ではTPPになりました。

    とにかく操作性が良い。潜入に特化した自由度。好きな人には好かれる収集要素。
    操作中のキャラのモーションはリアルさを少しばかり犠牲に操作性を優先させてる感じですね。
    フレームレートも良い。

    オープンワールドに関しては、自分としてはオープンワールド化できるならしといたら?ってスタンスで、オープンワールドの意味がミッション中に無かろうと、散歩って要素が追加されるんだから無いよりは良いでしょって思ってます。

    ストーリーもかなり好き。ゲーム中のギャグ要素もストーリーを邪魔する事は無いのでグッド。
    ただし二章からはひかえめに言って星1くらいの評価になる。

    二章以降のミッションは1章で既出のミッションのハードルを上げただけのもので、そんなもんクリア後の追加要素で出すべきミッションだろと思われるもの しか 無い。

    当然ストーリーと関係無いミッションを2、3こなした後に2章のストーリームービーを見せられても入り込めない。

    クリア後要素で高難易度ミッションを好きにプレイするのと、ストーリーに関係無いのにストーリーミッションとしてプレイしなければならないのとではプレイ中の気分がまるで違う。

    いや、一つだけストーリーに絡むミッションもあるが。それは面白かったが、正直いうと散々クリア後要素のミッションを消化した気分なので、やはり入り込みづらい。

    とにかく、2章のゲーム開発が厳しかったならそれは諦めて、ストーリーが短くなったとしても一章で完結させた方が良かった。
    色々込み入った事情があったのは知っているが、とにかく一章だけで全クリした気分にさえさせてくれれば、2章目以降の要素を隠し要素として入れても面白かったかもしれない。

    まとめると、ゲームとしては最高。2章?そんなものは気にしてはいけない。
    気にしなくてもお値段以上に楽しめる。

 

☆5レビュー

  • 先に断っておきますが、この評価は1章のみを対象とした評価です。

    ゲームシステムとグラフィックはステルスアクションと戦場オープンワールドの最高峰ではないでしょうか。

    敵に見つからないように配慮していても、ヘリコプターの周回飛行に見つかって蜂の巣、なんて事も多々あり、そういうのに面白みを感じる人にとっては本当に良いゲームです。

    メタルギアファンをニヤッとさせる演出やセリフなどもあり、ゲームシステムを大きく変えたにも関わらず、しっかりと“メタルギアしている”感じがあります。

    初めはどうやって潜入するのか分からずすぐに見つかっていた昼間でも、やり方やコツを覚えると意外とすんなりと攻略出来るなど上達を体感することもできる素晴らしいゲームバランスです。

    是非楽しんでください(1章まで)

  •  

  • 長々と遊べました。
    2章の中身の薄さにはびっくりですが、それでも楽しめました。

    気になるのは、2章で1章の高難易度バージョンをやらされる事だけですね。なんで?って感じでした。

    それと、低評価してる奴ら。
    つまらない、自分の期待していたものと違うからといってゲームを作った制作スタッフを悪く言うのはどうかと。

    そんなに不満たらたらならゲーム会社に就職して万人受けするゲームを作ればいい!
    そうすれば分かる。
    世の中甘くないってことが。

 

 

 
 

-40点満点プラチナ殿堂入り

© 2021 play station 情報メディア Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。