プラチナ殿堂入り

35点:ACT:戦国無双5

 
 

“戦国無双5”の基本情報

  • 発売日:2021.06.24
  • ジャンル:アクション
  • クロスレビュー(40点中):35
  • (シルバー30~31点、ゴールド32~34点、プラチナ35点以上)

 

 




 

 

“戦国無双5”の内容

数えきれないほどの敵を撃砕する一騎当千の爽快さと、アツい戦国ドラマを堪能できるタクティカルアクションゲーム。

本作品では2004年に売れ出された初代「戦国無双」の時代をこれまでにはなかった解釈で描き直す。

メインモードの「無双演武」であれば、過去のシリーズでは公開されてこなかった若き日の織田信長と明智光秀の顔合わせから、本能寺の変に到達する困難な時代が、より濃厚に、より大胆に表現される。

プレイアブルキャラクターは総勢27名。

この作品の時代設定を考慮してデザインを一新した武将たちのに加えて、光秀の家臣となる斎藤利三、甲賀忍者のみつき等々の今までなかった武将も参加する。

 


 

⊕ 続きを読む

 
 

広く移動しながら敵に斬り込み、立ち回りの起点となる「神速」アクションは現役。

新しいアクションとしては、戦闘中にゲージを消耗して使用する強烈な「閃技」が追加された。

閃技は4種まで装着出来る。

コンボの継続におすすめの「瞬動」や、無双ゲージを回復する「快気」、大身槍を大地に叩きつけて周りの敵を一挙に気絶させる「大雪崩」など、閃技毎に攻撃力や効果範囲、有効な敵兵科が異なってくるので、戦場やお好みに合わせてセレクトできる。

外見面は、墨絵ニュアンスのカットシーンやエフェクトなど、和を想定した美麗な映像表現にリニューアルされている。

 


 

公式HP・ゲーム紹介などはこちら
 ▼▼▼
https://www.gamecity.ne.jp/sengoku5/

 

 

レビュー・評価

ファミ通のクロスレビューとユーザーが投稿したレビューを紹介する。
 

ファミ通クロスレビューはこちら

ファミ通クロスレビューは引用禁止のため、以下のホームページから内容を読んでほしい。

“戦国無双5”のファミ通クロスレビューページ
 ▼▼▼
https://www.famitsu.com/games/t/42242/reviews/

 

Amazonに投稿されたレビュー

ファミ通のクロスレビューの評価ではプラチナ殿堂入りとなっており、Amazonに投稿されたレビューと評価の分布は以下のようになっている。
 
(2021年7月執筆時点)

 
 
それでは具体的にどのような口コミがあるのか、☆1~5のレビューをそれぞれ2つずつ紹介する。

ここで紹介したレビュー以外にも多くのレビューが投稿されているので、どのようなレビューがあるのかを自身で確認してほしい。
 

 

☆1レビュー

  • 前作のPS3以来待ちに待ってたナンバリングでしたが、蓋を開けたら前作から何も進んでいませんでした。
    今の時代にこれか(笑)という感じです。

    Switchとマルチにしたせいでそれに合わせたレベル(PS3レベル)の作品でした。
    はっきり言ってこんなの10年前にPS3で出しとけと思うほど

    更に残念なのは、公式Twitterがゲームの内容よりも宣伝に起用したタレントたちのことしかツイートしません
    ゲームは二の次という考えが露骨すぎてドン引きです

  •  

  • 爽快感がいまいちでキャラも前作にいたキャラが
    大幅にいなくなっているのはつまらないと感じた。
    また、主人公の信長は動きがもっさりで1度に2人しか
    出撃できず1ステージが長いのはテンポが悪いと思った。

 

☆2レビュー

  • キャラデザはいいんだけど、人選が納得できない。
    蘭丸いないし、みつきとか架空のキャラいらない。
    何より無双武将が少ない。固有武将はいっそのこと無双武将で出して欲しかった。

    プレイしてみれば、敵は硬い、弓や鉄砲兵はうざい、アクションは一辺倒、戦闘評価は厳しい、などなど色々めんどくさい。神速の仕様が変わったのもあって、爽快感は過去シリーズと比べて半減かと。

    アクションに関しては武器が同じならほぼ同じアクション。過去作みたいに1人1人に味を出して欲しかった。固有武将なんかほぼほぼ被ってる。

    ストーリーは武将同士がよいしょしあったりフラグ立てまくったり、雑に死んだり。疑問に思うことが多かった。

    信長の「で、あるか」は無理矢理言ってる感が半端ない。このセリフは過去作の魔王信長が言うから味があるのであって、青年で年取っても声が若い信長が言ってもしっくりこない。
    あと個人的に秀吉のキャラがうざい。

    以上の点から、自分はこんなのじゃ満足できない。
    次作は路線をもとに戻して欲しい。

  •  

  • 信長編終わっての感想。
    そこそこ遊べるので無双ゲームとしては星3.5くらいはあってもいいと思います。
    戦闘はいつもと変わらずといったところ。多少育成が楽になったかな。

    ただキャラ設定とストーリーがひどすぎます。
    信長貶めてひたすら明智光秀を持ち上げている気がして気持ち悪い。
    そもそも信長と光秀が対等に接してるのに違和感。

    もう最後のほうはムービー見るのも嫌でした。こんな変な設定の信長見たくなかった。

    新キャラのみつきと弥助もなんでこんなのいるのか、はっきりいっていらないです。

    無双ゲームにストーリーなんて期待はしていませんがこれは我慢できませんでした。もう次回作は買いません。

 

☆3レビュー

  • 無双シリーズは全てプレイしている無双ファンの意見です。
    アクションゲームとしては、相変わらずの無双で爽快感があって満足です。

    ただ、ストーリーが陳腐、システムは手抜き、イベントは棒立ちetc…でとても残念な出来でした。

    キャラデザを変えて、新規ユーザー獲得を目指したのでしょうが、こんな練込み不足なシステムじゃ新規は根付かないでしょう。

    もしろ、キャラデザを変えたことによって、既存のファン離れを起こしたんじゃないでしょうか?

    ただ、(相変わらずの草刈りですが)アクション簡単操作で爽快感があったので、ここから大規模アップデートで良作に化ける可能性はあると思いました。
    (女性キャラに魅力がないのもどうにかしてほしいです💦)

    今のままなら、既存ファンにも新規にもおすすめしづらい感じです。

  •  

  • アクションは正当進化しています。無双シリーズ好きなら楽しめると思います

    キャラ一新については、僕は最初肯定派でしたが実際やってみると終始違和感を感じてしまいました。ここで躓くとストーリーにも入り込めませんので、一新反対派の方には正直お勧めできません。ストーリーも薄味なので、ここは期待しない方が良いかと。

    無双シリーズに何を望むかで購入するかを決めると良いかと思います。

 

 




 

☆4レビュー

  • 取り敢えず戦国、三国2に一生縛られていてどうぞって感じですね、新作出る度に聞き飽きる。

    ナンバリングとして出すのは違う気がって意見には賛成できる、正直ストーリーも真田丸の方が良かったです、武器コンパチも不満ではあったが使いやすい武器で挑めるのはいいかと。

    堅城演舞はぶっちゃけ微妙それなら新キャラ多いから4であった放浪演武的なのが欲しかった。

    戦闘は楽しいです、過去作とは違ってゴリ押しが効かず武将もひるみずらく普通以上だとそれなり苦戦、新しく追加された閃技で上手く戦術を破ったりコンボを繋げてチェイン数を増やしてくのもが楽しい、、が影技が廃止されたのは正直納得できなかった。

    総評としては全然面白いです、キャラデザが合わないなら素直にスルーしていいと思いますそれで批判するのはおかしいので。(やってれば慣れます)

  •  

  • ◆オススメしたい人
    ・過去作未プレイで興味がある
    ・育成要素やハクスラがあると燃える
    ・丁寧に積み上げられたストーリーを味わいたい
    ・過去作プレイ時、何回この城攻めればいいんだ!?とほぼ同じステージの多さに飽き飽きしたことがある

    ◆オススメできない人
    ・今作からのキャラデザインが受け入れられない
    ・シリアスなストーリーは苦手
    ・ゲームで戦国史を学びたい
    ・制約なく自由に攻略するのが好き

    新規向けとも既存向けとも断言しがたく微妙な部分もありますが、新たな挑戦は個人的に歓迎できました。久々のナンバリングタイトルとしても期待以上だったので、気になる方にはぜひプレイしてみてほしいです。
    以下は少し細かな感想です(無双演武全ステージクリア済み)。

    ◇ゲームシステムについて
    おおむね今まで通りの戦国無双です。
    アクションは4から採用の神速攻撃のおかげで、移動と撃破数稼ぎが快適。初心者でも遊びやすいと思います。閃技や武器を選べるため、やり込むほど面白くなりそう。

    メインの「無双演武」では、1〜2人の武将を操作して、ミッションをクリアしつつ合戦を展開していきます。舞台となる時代・地域は狭いですが、扱われる合戦は多いのでステージ数が豊富。次はどんなステージなんだろうと毎回新鮮味がありました。
    レベル上げや経験値集めができる「堅城演武」は、短時間でクリアできるモード。無双演武で詰まったときや、ちょっとだけ遊びたいときにプレイしています。

    不満としては、育成をスムーズにするために「施設強化」が必須な点。無双演武と堅城演武を並行して進めると効率が上がるのですが、先に無双演武だけクリアしたかったので少し面倒に感じました。

    ◇キャラクター・ストーリーについて
    デザインが一新されたキャラクターは、ビジュアルこそ華やかなものの、極端な設定もなく硬派な印象。プレイしてみると外見以上に内面の変化に驚きます。これまでは舞台装置的に紅蓮の炎へ消えていく魔王だった信長は最たる例で、親しみやすくなった性格に戸惑いつつ、行方をハラハラ見守ってしまいました。

    ストーリーは、織田信長とその周りの人々を描いたもの。史実に沿っているものの、中には意外な配置をされているキャラクターもいます。このあたりは好みの分かれるところですが、物語上の役割があり意味のない改変ではないので、うまく作られているなぁと思いました。IFシナリオも含め、全体の雰囲気がまとまっています。武将も女性たちも、無常な世に流されるのではなく、自分の意志をもって選択する姿が印象的。清々しく、見ていて励まされる物語でした。

    シナリオ面で一番好印象だったのは、軽いノリやネタに走ったセリフがなくなった点。合戦での緊迫感が強くなり、ストーリーに没入できます(逆にいえば終始シリアスなので、息が詰まってしまうことも)。
    また、堅城演武で見られる会話イベントはキャラクターのイメージを崩さない範囲で、ほのぼのした雰囲気。数があるので、育成しつつ開けていこうと思います。

 

☆5レビュー

  • YouTubeでPS5(PS4版をPS5でプレイ)、PS4、Switchのそれぞれ比較動画を出している方がいて、その動画を見てみましたが、圧倒的にSwitch版の処理速度が遅く、なんならカクついていました。なので買うならPS4版一択になるかなと思います。

    戦国無双は2からやっています。
    今回キャラデザが一新されるということでかなり賛否両論ありますが、自分はこれもまた新しい戦国無双って感じでいいと思います。真田幸村いないのが寂しいですが笑

    神速アクションがだいぶもっさりしているというレビューなんかもありましたが、成長するにつれて速くなっていくのではないかと推測しています。

    確かに最初に使う信長は大太刀を装備しているのでもっさりと感じるのもわかります。ですが、家康の双剣を使ったりすると急に世界が変わります笑

    つまらないって言ってる人ほんとにちゃんとプレイしてますか?数時間やっただけじゃ本当の面白さとかわからないと思うんですけど…。

    忍者刀とか鎖鎌とか使いました??最初の信長だけ使って評価してません?

    とりあえず書きたいことを書いたのでまとまりがなく見にくいかも知れませんが、是非参考にしてみてください。

    ストーリーもしっかり作られているので周りが言うほど悪いところ見つかりませんし、面白いですよ!

  •  

  • まずグラフィックは墨絵のようであり美しい。
    読み込みやシステム周りも気になるレベルではない。

    新アクションとして閃技というものがある。これはクールダウン式でいつでも発動できる。
    閃技の効果は攻撃だけでなく、例えば自身を強化するものがある。

    通常攻撃とチャージ攻撃からなる攻撃システムと閃技を組み合わせて、敵兵士や敵武将を倒していくというゲーム性になっている。

    とにかくシリーズものであるが、本作は原点に戻った感じがあり新鮮さがあり良いですね。
    初心者でも楽しめると思います。無双の爽快感はなかなかのものなのでストレス発散になるのではないだろうか。

    初見の方、シリーズを通して遊んでいる方もお勧めしたい。ぜひプレイを楽しんで欲しい。

    ただこのゲームは好みが分かれるかも知れませんね。私自身は満足していますが。

 

 

 
 

-プラチナ殿堂入り

© 2021 play station 情報メディア Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。