ゴールド殿堂入り

32点:SLG・RCG:Winning Post9 2020(ウイニングポスト9)

 
 

“Winning Post9 2020(ウイニングポスト9)”の基本情報

(2021年2月時点)

  • 発売日:2020.03.12
  • ジャンル:シミュレーション、レース
  • クロスレビュー(40点中):32点
  • (シルバー30~31点、ゴールド32~34点、プラチナ35点以上)

 

“Winning Post9 2020(ウイニングポスト9)”の内容

オーナーブリーダーという立場で、競馬界に生きる馬や人々とのドラマを体験してみる競馬シミュレーションゲーム。

2020年の新たなデータに対応。
新しい要素としては、「子孫継承システム」が返り咲きした。

プレイヤーが結婚して家庭を築くと、子孫らをジョッキーやトレーナーとして登場させることができるように。

ライバルとのバトルがよりドラマティックに展開される。

さらには「人馬の絆」が生み出すドラマを表現した「絆コマンド」が進化。

人物との出会いはこれまでのシリーズと同じくイベントで知り合えるようになったほか、絆コマンド獲得時のランダム性を撤廃。

使用時には幾つかの用途からセレクトすることができる。

 


 

⊕ 続きを読む

 
 

それ以外にも、何ヶ所もの出資者で競走馬を所有する「クラブ運営」や、史実馬・ジョッキー・トレーナーなどステータスを思い通りに操作できる「能力エディット」、史実馬引退後のIFを描出する2021年スタートの「未来シナリオ」をレコーディング。

未来シナリオには、馴染みのあるスーパーホースはもちろんの事、まだ見ぬ能力を秘めたスーパーホースも登場。

オンラインレースだけに限らず、競馬場・コース・条件というものを好きに構成出来るオフラインレースに対応。

以前の作品「WP9」のデータ引き継ぎ、「WP8」シリーズのセーブデータボーナスも獲得できる。

 


 

公式HP・ゲーム紹介などはこちら
 ▼▼▼
https://www.gamecity.ne.jp/winningpost9/2020/

 

 

レビュー・評価

ファミ通のクロスレビューとユーザーが投稿したレビューを紹介する。
 

ファミ通クロスレビューはこちら

ファミ通クロスレビューは引用禁止のため、以下のホームページから内容を読んでほしい。

“Winning Post9 2020(ウイニングポスト9)”のファミ通クロスレビューページ
 ▼▼▼
https://www.famitsu.com/games/t/39472/reviews/

 

Amazonに投稿されたレビュー

ファミ通のクロスレビューの評価ではゴールド殿堂入りとなっており、Amazonに投稿されたレビューと評価の分布は以下のようになっている。
 
(2021年2月執筆時点)

 
 
それでは具体的にどのような口コミがあるのか、☆1~5のレビューをそれぞれ2つずつ紹介する。

ここで紹介したレビュー以外にも多くのレビューが投稿されているので、どのようなレビューがあるのかを自身で確認してほしい。
 

 

☆1レビュー

  • 競馬ゲームハズなのに秘書の衣装に力入れすぎ。
    エンディングも相変わらず競馬ゲームとしては満足いかないデキ。

    92年からスタートの意味が分からない。シンボリルドルフなくした理由を教えてほしい。
    騎手ガチャはなくなったものの、調子や疲労を調整するのは多頭数を管理するのには向かない。

    以前は、系統確立して血統図みてニヤニヤして楽しんでたけど、今作は・・・
    とりあえず、ライバルシステムとかそういうのいらないから、種付けの操作性をいい加減改善してほしい。

  •  

  • 血統支配率が高い馬の子供や孫は種牡馬入りできません。

    血統支配率が高い馬(サンデーサイレンスやミスタープロスペクター等)の子供Aを系統確立目指す場合、孫(子供Aの子供)が3冠をとっても引退時に乗馬送りにされ、子供Aの血を増やすことができず、かなり難しいです。一応過去作通り、毎年1頭の牡馬は種牡馬入りさせることができますが、それ以外はすべて乗馬送りさせられます。

    零細血統の系統確立を目指す場合は問題ありませんが、流行血統の系統確立を目指す方は注意が必要です。

    当初はバグかと思っていましたが、コーエーホームページQ&Aにて使用であると記載されていました。
    気になる方はご覧ください。

    ほかの部分も気になるところはところどころありましたが、それなりに楽しめていましたが、上記問題によってすべて覆りました。

    あくまで持論ですが系統確立ゲーでこの使用はありえないと思います。

 

☆2レビュー

  • ウイポ8-2018との比較です。

    レースは差しと追込がやや弱いと思うが、まだ許容範囲。差しが先行みたいになるのもまだ目を瞑れる。
    直線でのバタつき具合は良いし、前詰まりもあまりなく、良い。

    作戦画面で所有馬にマークが自動的に付くようになったのは地味に便利。

    ノミネーションセールが無くなったのは痛いが、お金さえ積めば種付け可能なため、史実馬喪失を避けるための措置だと考えれば、リアルには欠けるがまだ優しい措置なのかもしれない。

    種付頭数が分からなくなったのは残念。
    施設建設も画面上で見れないため、牧場を拡大している実感がない。

    家系図やクラブはなんだかんだで、必要。
    マイ牝系が無くなったのも退化。

    決戦図は勢力が分かりやすく、レース前の演出も盛り上がる。ライバルの存在も悪くはない。

    一番残念なのは、史実勝利馬がそのレースで優遇されなくなり、仕様として連勝を重ねると闘志が上がり、そこそこの史実馬が無双するようになったこと。

    距離適性の壁と怪我さえなければ三冠馬が三年置きくらいに出てしまう。アメリカは特に酷い。G3勝利馬が有力馬を差し置いて二冠とか、萎える。

    レースもぶっちぎりで、オルフェの有馬記念状態がザラ。

    一言で言うと、ドラマがない。史実とは異なる勝馬が最初から勝つと分かっているから。
    史実の思い出を楽しむ事もできず、勝てないからと、対戦を避けてレースを選ぶ日々…。

    せっかく良い要素も増えているのに、残念。

  •  

  • とにかく、有料DLで有名史実馬を走らせるとあっというゲームが終わってしまう。

    色々ライバル馬やガチャ的なものがありますが、有料DLでもうゲームバランスがガタガタです。

    コーエーさんもう少し何とかならないものですか?

 

☆3レビュー

  • 前作ウイポ 9より断然楽しい
    それに尽きます

    もう凄い進化は求めないので出来たことを削るシステムは辞めて出来ることを少しずつ増やしていきませんか??

    DLCのやり方もいつものコーエーという感じであまり好きではないです。

  •  

  • WP8 2018の操作に慣れちゃっているせいなのか
    今作の操作がしにくいです。

    PS3からPS4に変わっただけでダートのレースシーンで競走馬の汚れがついていたり
    PS3の時には気がつかなかったのか?無かったのか?

    そんな些細な事にはチョイ感動しましたが、
    ボタンの操作が面倒に感じます。

    もう少し使うことの多い操作キーはショートカットキーがあったりしてくれて
    ボタン一つでそこに飛べるような作りにしてくれてると良いのになぁ。
    と感じながら遊んでいます。

 

☆4レビュー

  • 前回から改善された箇所は、△ボタンの用途が殆どなくなったこと。主に×と○ボタン。
    種付けがBOOKFULLでも倍額払えば幾らでも種付け出来ること。初期段階から系統確立を狙える。

    引き継ぎしたデータで初期からお守り使って幾らでも幼駒でも牝馬を買い漁ることが出来る。
    結婚子孫・クラブが復活。クラブは実績によって早い段階で作成可能。

    WP8から無くなった要素が殆ど復活。
    好きな騎手も自由に騎乗可能。

    出会いはカードではなくランダム。
    馬や騎手のエデットも自由に可能。好きなだけ強く出来る。

  •  

  • 競馬ゲームとしてはちゃんと成り立ってます。
    かなりのめりこんで遊べたので星4です。

    しかしバグで参ってしまいました。

    一度アップデートの修正もありましたし細かいものは別にいいのですが、
    「欧州年度代表馬になった牝馬は問答無用で引退後は乗馬になる」という、
    ブラッド・スポーツである競馬の面白さをぶち壊すとんでもないバグが隠れてました。

    さすがにね、難易度の高い所を獲ったら消えるというのはこたえました。
    レビューを書いてる時点で改善されてると良いのですが…。

 

☆5レビュー

  • 初めて競馬ゲームに触れました。

    配合理論等、色々手探りのまま1991年スタートで2015年まで難易度ノーマルでプレイしました。

    全然知識がない私でも三冠馬や凱旋門賞馬が誕生し、あっという間に名声もカンスト、資金も1000億に達する勢いです。

    育成ゲームが好きで、自分が育てた馬がサクサク買っていくのが楽しい人にはおすすめできるかと思います。

    私のように初心者でも序盤はチュートリアルのようになっているのでぶっつけ本番でも理解できるようになっていると思います。

    馬の名前も合成音声で読んでくれますが、少し不自然なのは致し方ないか。

    以下、改善点を僭越ながら述べさせていただきます。
    ・キャンセルができない
    →割と大事な選択を○×で操作するが、うっかり間違えた時にやり直せない

    ・ファンファーレが史実のものでない
    →版権の問題か

    ・CPUのレースローテーションがアホすぎる
    →賞金不足で除外地獄に陥ったり、全く適性のないレースに出させられたり、所有馬が同じレースに何頭も出ようとしてたりします

    改善点を述べさせていただきましたが、大体の不満点はこちらが注意すれば解決すること(その手間が不満と言えば不満ですが、なんとかなるだけマシということ)なので、全体的な満足度は高いです。

    初めての競馬ゲームでも楽しめたことが大きく、育成ゲームが好きなので毎年幼駒が生まれて能力メモをつけていくのが楽しくてたまりません。

    また、ここは賛否分かれる点ですが、簡単に無双状態に入れます。強い史実馬を知っているため、セリなどでそれらを手に入れるとそれらの産駒も含めて自己所有馬がめちゃくちゃ強くなり独走状態になります。

    年末のアワードではほとんど自分の馬になることもザラです。

    リアリティはないですが、俺最強プレイが簡単にできるので、そういうプレイがしたい方にはおすすめです。

    もちろん、独走とは言ってもその時代の名馬たちには苦戦させられたりします。

    初めての競馬ゲームでしたが、これからもWPをプレイしていきたいと思わせてくれるほどハマってしまいました。迷っている方は是非買ってみてはいかがでしょうか。

  •  

  • 個人的には神ゲーでした。
    競馬ゲームというジャンルに興味がなかったのですが、ウイニングポスト9をやってみてドはまり。
    そして続編であるウイニングポスト9 2020も購入。

    ウイニングポスト9を楽しめていた私にとっては、本当に素晴らしい進化をしてくれました。
    具体的に言うと。

    ・子孫システム
    ・絆の無理矢理感が減った
    ・有馬記念などの抽選四頭が、選択がしやすくなった

    このほかにも枚挙に暇がないないのですが、とにかく買って良かったです。
    オススメのゲームの一つですね。

 

 

 
 

-ゴールド殿堂入り

© 2021 play station 情報メディア Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。